地域資源 古橋廣之進

古橋廣之進フジヤマのトビウオ

古橋廣之進

1928年生まれ・静岡県浜名郡雄踏町出身の古橋廣之進は、雄踏小4年から浜名湖で水泳を始め、6年で学童新記録を達成し、翌日の地元紙に“豆魚雷現る”という見出しで大きく報道されています。浜松二中(現 浜松西高)から日大進学後、1947年8月に開催された日本選手権の決勝で、400m自由形で4分38秒4の世界新記録を達成。当時、日本は日本水泳連盟(FINA)から除名されており公認記録とはなりませんでしたが、スタンドには天皇陛下、皇太子殿下もお見えになっており、片山哲首相からは特別に総理大臣杯を贈られています。翌1948年、ロンドン五輪と同じ日程で開催された日本選手権にて、400m自由形で4分33秒4、同1,500で18分37秒0を記録し、もし日本が五輪へ参加できていれば世界新記録で金メダル2個、銀メダル1個を獲得していました。1949年8月に開催された全米選手権では大会初日から新記録を連発し、水泳大国アメリカより“フジヤマのトビウオ”の愛称が付けられ、国民的英雄となりました。1952年ヘルシンキ大会で五輪初出場も、400m8位と惨敗し、現役を引退しています。

1951年に大同毛織へ入社、1966年に退社後は、日大文理学部教授、日本水連会長、国際水連副会長などを歴任しています。1990年~1999年にはJOC第13代会長として、冬季五輪長野大会の成功に尽力しました。1993年には文化功労者に選ばれ、2008年度文化勲章を授章。「水泳殿堂」入りも果たしています。また、古橋の愛称にちなみ、浜松市は国際公認メインプール「ToBiO」を2009年にオープン。静岡県西部地区のアマチュアスポーツ団体「浜名湾游泳協会」は、古橋の愛称にちなんだ「とびうお杯」を1984年より毎年8月第1週の土日に開催しており、同大会にてアスリートが数多く輩出されています。

page top